写真家 新藤修一のブログ
by shindo1954
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

有限会社 新藤事務所
shuichi shindo

■■メールはこちらまで
shindo1954@gmail.com

新藤修一のProfile
白ヒゲ写真教室
新藤修一の仕事場
月例展@白ヒゲ
検索
最新のコメント
グライフさん、おはようご..
by shindo1954 at 08:46
テクニカルパンと聞いて懐..
by グライフ at 07:37
hinden563さん、..
by shindo1954 at 20:26
赤羽は下車したことがない..
by hinden563 at 14:15
hinden563さん、..
by shindo1954 at 09:41
新藤さん、はじめまして。..
by hinden563 at 09:13
Ara-tecさん。それ..
by shindo1954 at 21:26
今は品質管理が行届いて耐..
by Ara-tec at 19:11
hdsyd051さん、今..
by shindo1954 at 11:16
気持ち凄い分かります! ..
by hdsyd051 at 10:34
木村さん、お久しぶりです..
by shindo1954 at 23:03
数年前、動画撮影などでお..
by hiroyoshidesu at 19:10
pepeさん、おめでとう..
by shindo1954 at 22:40
私も35mmf1.8昨日..
by pepe at 20:50
keishafotoさん..
by shindo1954 at 11:26
バッテリーの件,上海問屋..
by keishafoto at 11:14
じょーじさん、ありがとう..
by shindo1954 at 18:36
引っ越しお疲れ様でした!..
by じょーじ at 17:15
Ara-tecさん、他社..
by shindo1954 at 10:32
この事例、自分もぶち当た..
by Ara-tec at 10:10
ファン
タグ
カテゴリ
フォロー中のブログ
ST-M2 Blog
今夜もeat it
ichibey日々の記録
*ムスカリのしっぽ*
はんちゃん半田勇二
海辺でふらふら
from our Dia...
七匹目のどじょう
遊牧民的人生 (アラビア...
ダイエットの記録(40か...
たも。の写真日記
こべっとの寄り道
ラジオフライヤー
Roc写真箱
写好人 Passage
猿画堂撮影機材室 (旧室)
studio-xiao ...
伊藤計一のブログ
気ままな写真日記
PhotoLife 哲や...
写真が好き!!(お散歩カメラ)
day by day
f.11プロジェクト
shim's
Photo blog o...
自然万華鏡 Blog v...
*情熱大陸*ブラジルの写...
画処理istの密談室 b...
エクランの撮影日記
お茶の水調理研究所
お散歩写真 横浜
「ちょこっとピンボケ?」
botta's blog
フォトグラファー故島永幸...
のんびりと動物園散歩
私生活について。
日々の写真
にっちもオッティモ
写真で日記
ITOCOLOR @ Blog
Let's go rec...
Tokyo/Naha C...
風景って「風の景」by ...
ほとんどデジタルフォト日記
迂路有漏胡乱 urour...
the way i am
moderate flow
鱒や Photo Dia...
琥珀停
39medaka
Capu-photo D...
気まぐれ日記
No trimming ...
ある日ある時 拡大版
Photoshop Ar...
彷徨写真生活Part2
ねぎまのおもちゃ箱
川越さんぽ写真研究所
日々!
徒然なるままに
新・月例展@BEN
Ktn photo
おらひ日記帳2
軽井沢1263
ハルの写真通信
Lightcrew Di...
Keiichi ITO ...
EGCのブログ
外部リンク
最新のトラックバック
sky 777 down..
from sky ute casino..
Feedly拾い読みWa..
from Coolに過ごそう
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
LEDテープライトを使っ..
from ミクロ・マクロ・時々風景
あふれている
from ミクロ・マクロ・時々風景
New camera
from Anything Story
CLS+FP発光
from 七匹目のどじょう
FV-L うれし~
from 七匹目のどじょう
カラスビシャク
from KINOKO WEB
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
by shindo1954 | 2019-09-02 19:11 | 機材 | Trackback | Comments(0)
2019/08/16 K&F ND1000フィルター
表題にネタを既にばらしてしまったのでアレですけど・・・
下の黒っぽいK&F ND1000フィルターをご存知でしょうか?
遥か昔はこの様に濃度の濃いNDフィルターは存在していませんでした。(よね?)
それが簡単に入できる時代です。

ND1000とは、1/1000に光を減衰させる効果を持つフィルターです。
例えばピーカンの日中でISO100、F16だとすれば普通ならば1/100程度のシャッタースピードになりますが
その1000倍の露光時間で適正露出になる訳で10秒の長時間露光になります。

もしND1000を2枚がけすれば10000秒、約2.8時間の露光時間となります。
ISO50で撮影すれば5.6時間!!!
物凄いスローシャッターですね〜〜
b0171364_01003503.jpg
b0171364_01003951.jpg
手元には他社製のND400もありますので、ND1000+ND400でテスト撮影の予定ですが
数時間の長時間露光の場合、ノイズが増える?
バッテリーの消耗に耐えるか?(USB給電させればOK?)
撮像センサーの加熱? この辺りが心配されますが・・・
夏場では撮像センサーの加熱が最も心配かも。

それと・・・最も大きな問題は・・・
一日に数枚或いは1枚のシャッター数。www
それ故、入手後既に2週間以上経過しているのにテストに踏み切れていません。(汗

近日中にテスト画像をアップする予定ですが
テストとは言え、どこでも良いとは思えず、なかなか実行できないのではありました。

追記:一枚もないのは寂しいので力技で一枚アップします。
F3.2 30秒 ISO100での自画像。w
室内のLED照明で撮影し、現像時に弄ってます。
b0171364_01391872.jpg
α9+MC-11+SIGMA35/1.4
追記:2 書き忘れましたが・・・α9+ND1000と言う極暗の環境なのに
EVFでライブで見ながら撮影できちゃう!!!
恐ろしやα9!〜〜〜
  朝の光でND1000を付けた状態で覗いてみましたが
  全く普通にEVFや背面液晶を確認可能です。
  更に驚くことは・・・通常よりもスピードは遅くなりますが
  AFも動いています!!
  計算上ではF45でもAFが動いていたことになります。
  ミラー式一眼では絶望的でしょうね。
b0171364_08562935.jpg
追記:2 Amazonでしたらこちらのリンクから!
Amazon 5% off のcode差し上げます! 5KJY5EOO
2019.08.31日まで有効です!


by shindo1954 | 2019-08-16 01:42 | 機材 | Trackback | Comments(0)
2019/07/25 K&F NIK-L/M マウントアダプターで古いニッコールをAF化する!
b0171364_23431685.jpg
そもそもAFニッコールだからAF化は難しくないよね?
と思いますよね?実際それが可能なマウントアダプターも持っていますが
K&FNIK-L/M(ニコンFマウントレンズをライカMマウントに変換させるアダプター)+TECHART LM-EA7
組み合わせのほうが快適に動作するかも・・・
また、この組み合わせでは非AFニッコールレンズでもAF駆動可能です!
キヤノンFDレンズでもFD-L/MアダプタでAF化できます。
絞りさえあれば、殆どのオールドレンズがAF化可能と思っても間違いではありません。
b0171364_23430955.jpg
絞り込んでもファインダーが暗くならない点は素晴らしいです!
ミラーレスカメラのメリット。
ミラー式デジイチではライブビューで撮影しない限り難しいでしょう。

マウントアダプターの内部はブラックマット塗装になり内面反射も少なそうです。

それにしても・・・今までのミラー付きのフランジバックとの差には驚かされます。
ニコンとEマウントでは25mmも差があります!!
b0171364_23432488.jpg
AF NIKKOR 35/2.0の最短距離は25cmですが、LM-EA7の繰り出しとレンズ側ヘリコイドの繰り出しを合わせれば
更に接写が可能です。
下の10円玉は、その手法で最も接近して撮影したもの。
b0171364_23432817.jpg
追記:スタジオ界隈を一回りしてスナップ。
b0171364_10494200.jpg
b0171364_10495316.jpg
b0171364_10495900.jpg
最新のレンズと比較すればアレですけど、F2だし小型軽量だし、スナップ程度なら全く問題ありません。
瞳AFもトラッキングAFも動きます。
3枚の写真は全て絞り開放で撮影しました。
by shindo1954 | 2019-07-25 00:32 | 機材 | Trackback | Comments(0)
2019/06/27 俯瞰撮影OKの三脚 KF-TM2515T
俯瞰撮影OKの三脚 KF-TM2515T
最伸長153cm、2段式センターポール、5段式三脚
脚部25mm センターポール28mm
  153cmという高さは数字だけで判断すると低く感じますが
  所謂目高ですので通常の撮影ならば丁度よい高さです。

最近はカーボン製の三脚が主流になりつつありますが
カーボンと言ってもピンキリで全てのカーボンが良いという話ではありません。
その点、このアルミ製三脚は安心して使えます。
重量こそ1620gとカーボンよりも僅かに重いのですが、サイズに見合った強度があります。
脚部のロック、パイプ自体は回転しないタイプですので5段式でもストレスは非常に少ないでしょう。
ロック部の操作感もキビキビとした感じです。
全体の加工精度も十分、この三脚一つで超ローアングルから俯瞰撮影、更に一脚までこなしてしまう優れ物です。
雲台は自由雲台です。こちらも操作性はとても良く回転軸は別のロックですので使いやすいと思います。
但し雲台部はアルミ製に対してクランプ部はプラスチック製・・・
その点だけが惜しいところ。
まあ、望遠レンズでもなければ、このままでも問題は無いと思います。
尚、この部分だけアルミ製に交換することも雲台全体を交換することも可能です。
b0171364_15270617.jpg
俯瞰撮影時
センターポールを伸ばせば簡単に俯瞰撮影用に直角にセットができます。
ローアングル撮影用のセンターポールを延長して実質34cmのアーム。
欲を言えば更に伸びると良いのですが・・・
尚、ウエイトを後端かセンターポールの最下端のフックに下げましょう。
また、レリーズかセルフタイマー、リモコンなどでシャッターを切ると僅かなブレも防ぐことができます。
b0171364_15273119.jpg
ローアングル撮影では二通りのセッティングが可能です。
同梱の短いセンターポールに交換する方法と
b0171364_15272691.jpg
センターポールを逆さにセットする方法です。
こちらの方法では極限まで下げることが可能です。
b0171364_15272375.jpg
b0171364_15271314.jpg
ケースもしっかりとした材質です。
雲台保護用の巾着が同梱されています。
収納時の全長38cm!重量は1620g(ケース含まず)
b0171364_15271840.jpg
K&F。三脚、マウントアダプター、可変NDフィルター等で日本でも知られるようになってきました。
期待ができるメーカーです。
Amazonでしたらこちらのリンクからどうぞ!
尚、7/1〜7/31まで有効な5%OFFコードを頂きました!
Amazon 5% off code:G3VLC4QW

by shindo1954 | 2019-06-27 16:44 | 機材 | Trackback | Comments(0)
2017/07/19 ニコン>Eマウント K&F Concept マウントアダプターを入手
SONY Eマウントレンズ用のアダプターは種類も多く
ミラーレスならではの楽しみの一つですよね。
今回入手したK&F Concept マウントアダプターもその一つ。

で、下がアダプター本体。中々美しい!各部の仕上がりも十分。
このK&F Conceptアダプターを使用することで絞りをシルバーのリングを回転させることで可能になる。
GレンズでもDレンズでもOK。
  PC-Eレンズ(シフトレンズ)こちらは絞りがマニュアルでも動かないので使用不可です。

このアダプターの最大のメリットは圧倒的なコスパの高さ。
この作りでこの価格・・・素晴らしいですね。
b0171364_15222784.jpg
因みに箱が下の写真。こちらも中々シンプルで美しい!
b0171364_15222146.jpg

但し、問題点も僅かながら・・・
b0171364_15224560.jpg
その一つは・・・上の写真を見ていただきたいのです。
K&F Concept(左)とCommlite(右)のアダプター。
機能的には同等ですが絞り環の可動幅がK&F Conceptの方が狭く、微妙な絞りの調整がやや難しい点。
因みに、この問題は、通常のスナップ撮影的には全く問題にはなりません。


二つ目・・・それは鏡筒内部の仕上げの問題。
b0171364_15224810.jpg
左がK&F Concept、右がCommlite。
内側の黒仕上げですが、若干の光沢感がありますよね?
このままでは強烈な逆光での撮影時には影響が出るかも・・・
私は、黒マットのスプレーで処理しようかと思います。w(何事もチョットした工夫が必要です)
b0171364_15225195.jpg
上はα7IIにK&F Conceptアダプターを介して85/1.8Dレンズを装着した勇姿。
シルバーの絞り環の存在感が全体にメリハリを与えていて好印象。
その絞り環のデザインは秀逸。人間工学的でもあります。


このアダプターは電子接点を持たないタイプですので
マニュアルフォーカス専用となりますが、オールドレンズでしたら当然MFですし
MFだからこその楽しみもありますよね?
今回はニコン用でしたが、それ以外にも非常に充実しているようです。
  オールドレンズでしたらフルサイズα7シリーズのほうが楽しめるか?

追記:
K&F Concept。加工精度は十分、コスパは最高!
このメーカーが更に進化して電気接点付きAF対応のアダプターを作ってくれたらどんな製品になるのか?
楽しみが一つ増えたように思えます。



by shindo1954 | 2017-07-19 19:59 | 機材 | Trackback | Comments(2)