写真家 新藤修一のブログ
by shindo1954
品川区西五反田5-31-6
有限会社 新藤事務所
shuichi shindo

■メールはこちらまで
shindo1954@gmail.com

Facebook
Twitter@shindo1954
新藤修一のProfile
白ヒゲ写真教室

新藤修一の仕事場
月例展@白ヒゲ
検索
最新のコメント
ですね!
by shindo1954 at 20:21
個数もありますから、端子..
by Ara-tec at 19:35
みんなで小分けにする作戦..
by shindo1954 at 18:52
160Wh以下なら持ち込..
by Ara-tec at 17:54
https://poya..
by Ara-tec at 16:38
調べてみましたが、多分大..
by shindo1954 at 16:13
バッテリー大丈夫ですか?..
by Ara-tec at 16:03
本郷さん、ありがとうござ..
by shindo1954 at 11:27
気になさらずに記事アップ..
by 本郷です at 11:13
(*´Д`)
by hon-dsshi at 14:32
そういう意味でもクイック..
by shindo1954 at 10:38
カメラにはアルカスイスブ..
by SHINYA at 10:30
pokoさん、ありがとう..
by shindo1954 at 10:04
SHINYAさん、クイッ..
by shindo1954 at 10:03
マウントアタッチメント部..
by poko at 09:40
クイックシューがないのが..
by SHINYA at 08:18
pokoさん、いつの間に..
by shindo1954 at 22:11
確かに大振りなところがイ..
by poko at 19:20
連投失礼します。 ..
by K.304 at 09:59
K.304さん、モーツア..
by shindo1954 at 01:12
ファン
タグ
(234)
(198)
(159)
(139)
(113)
(106)
(78)
(71)
(64)
(61)
(52)
(44)
(43)
(41)
(35)
(34)
(31)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(17)
(17)
(17)
(17)
(17)
(17)
(16)
(16)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
カテゴリ
フォロー中のブログ
ST-M2 Blog
今夜もeat it
ichibey日々の記録
*ムスカリのしっぽ*
はんちゃん半田勇二
海辺でふらふら
from our Dia...
七匹目のどじょう
遊牧民的人生 (アラビア...
ダイエットの記録(40か...
たも。の写真日記
こべっとの寄り道
ラジオフライヤー
Roc写真箱
びーぐるな日々
写好人 Passage
猿画堂撮影機材室 (旧室)
studio-xiao ...
伊藤計一のブログ
気ままな写真日記
PhotoLife 哲や...
写真が好き!!(お散歩カメラ)
day by day
まいにち恋をしよう。
f.11プロジェクト
shim's
Photo blog o...
自然万華鏡 Blog v...
*情熱大陸*ブラジルの写...
画処理istの密談室 b...
エクランの撮影日記
お茶の水調理研究所
お散歩写真 横浜
「ちょこっとピンボケ?」
botta's blog
フォトグラファー故島永幸...
のんびりと動物園散歩
私生活について。
日々の写真
にっちもオッティモ
写真で日記
ITOCOLOR @ Blog
Let's go rec...
Tokyo/Naha C...
風景って「風の景」by ...
ほとんどデジタルフォト日記
迂路有漏胡乱 urour...
the way i am
moderate flow
鱒や Photo Dia...
琥珀停
39medaka
Capu-photo D...
気まぐれ日記
No trimming ...
ある日ある時 拡大版
Photoshop Ar...
彷徨写真生活Part2
ねぎまのおもちゃ箱
川越さんぽ写真研究所
日々!
徒然なるままに
新・月例展@BEN
Ktn photo
おらひ日記帳2
軽井沢1263
ハルの写真通信
Lightcrew Di...
Keiichi ITO ...
外部リンク
最新のトラックバック
Feedly拾い読みWa..
from Coolに過ごそう
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
LEDテープライトを使っ..
from ミクロ・マクロ・時々風景
あふれている
from ミクロ・マクロ・時々風景
New camera
from Anything Story
CLS+FP発光
from 七匹目のどじょう
FV-L うれし~
from 七匹目のどじょう
カラスビシャク
from KINOKO WEB
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
by shindo1954 | 2018-04-22 00:27 | 機材 | Trackback | Comments(0)
2018/04/21 本郷式フラッグフレーム:その2
え〜、本日・・・土曜日。
午後13時より不動前で本郷式の工作を開始します。
ネットでも随時公開予定ですが、参観ご希望の方はお越しください。

希望者は挙手してお越しください。
よろしくお願いいたします。

by shindo1954 | 2018-04-21 00:59 | 機材 | Trackback | Comments(0)
2018/04/20 2wer/本郷式フラッグフレーム
アジアでは、香港、韓国、台湾、インドネシアに撮影に出かけてますが・・・
来週は、初中国!北京に行ってきます。
さて、問題は機材・・・
どこまでを持っていくのか?しかもあちらは220V
取り敢えずEinstein640は90〜240VまでOKですので助かります。
が、それ以外のモノブロックは非対応。
先日入手したAD600Pro、AD200、Tokistar360wバッテリーストロボV850を4台・・・
トータル2120Ws まあ、何とかなるか?
次にどこに入れていくのか?
これがまた問題、以前購入したNeewerのバッグがやっと活躍?
Sさんからも一つ入手して2werに! 
大きなスタンドや長いものは入らないけど、これで何とか。
b0171364_10225431.jpg
さて、次の話題は、本郷式フラッグフレーム。
b0171364_10225802.jpg
昨日初めて実物を触りましたが、実に良く出来ていました!
簡単に組み立て分解が可能で、とてもコンパクトになりサイズが可変式!
最大1.2x2.5m?くらいのサイズになるのです。
更にウエイト無しで自立可能・・・勿論天トレとして使えます。
早速私も本郷式を作ろうかと画策中。w 断面が四角の三脚を注文しました!www
  四段よりも三段のほうが良いかも?難しいところ・・・
追々、製作記事もアップしますね。(って本郷さんOKですか?)
  三脚を2個買えばフラッグフレームが3個作れる!!共同購入もありますね。

by shindo1954 | 2018-04-20 10:37 | 機材 | Trackback | Comments(9)
2015/03/14 Lastolite TriGrip Reflector
昨日届いた優れものがLastolite TriGrip。
岡山のK氏、成増のS氏の影響を受けてポチッてしまった。
  さて何処でポチるかという問題に先ず遭遇する。
  いつものように先ずはeBay辺りからチェック、B&H、Amazon、ヨドバシ・・・
  で、今回の購入先はヨドバシ。B&Hと殆ど同価格(しかも送料がドンとのる)、立派だ。
    ポイントを利用できたという点も大きな要因だったけど。w

TriGripには幾つかの3種類のサイズと生地の選択肢があり
私が選んだのは1stop(約−1EV)のディフューザータイプ。
  2stopタイプという選択肢もあるのだが、どちらにするかで悩むね。
  個人的には1.5stop辺りが使いやすいのではと思うのだが・・・

取り敢えず物撮りでテスト。
b0171364_8524213.jpg
手前側のスタンド。
実はスタンドではなく、バーに近いシロモノ。
移動時にかさばらず、しかも軽量。
要は、長めの棒があればOK。w
b0171364_8525212.jpg
このTriGripのサイズを実測して驚いた。
最も広い部分で横幅が何と136cmもある!
出先でのちょっとした物撮りに先ずは活躍しそう?
出先での撮影ならばフラッグフレームよりもある意味楽チンかも。
屋外での人物撮影時、手前のグリップ部分を掴めば容易にディフューザーとして
使用できるよう作られているのだが、このサイズを片手で空中に維持することは
結構厳しいかも・・・
この下のサイズ(75cm?)になると、ちょっと小さすぎ。
矢張り日本人にマッチした、この中間サイズが欲しい。
b0171364_853047.jpg
これが収納用のバッグ。直径51cm・・・ちょっと大きい。
また、三角形から丸く畳む手順は、丸レフよりも難易度が高い。

色々文句も書いたけど・・・
セッテイングと撤収のスピード、屋外でも利用出来る点を加味すれば
TriGripは優れている! と、言えるよね。


追記:話は飛びますが私の友人が暗室用品をヤフオクに出品中です。
オメガの引き伸ばし機、マスコのタンク等、どれも素晴らしい品です。
B/W好きな方、shugetsuan53で是非チェックして下さいね!
by shindo1954 | 2015-03-14 09:17 | 機材 | Trackback | Comments(1)
2014/03/27 スタンドをコンパクトに:その4
この記事もついに3回目を迎えました!w
昨日入手(借り物)したのが下のようなクランプ。
  今でも入手可能のようです。
赤矢印のピン。ネジのような細い棒を使い金槌を叩けばピンが抜けます。
b0171364_14413214.jpg
b0171364_14454730.jpg
ピンが抜ければ3/8インチのネジも抜くことができ、丈夫なL字金具を挟んでハンドルを
今までとは反対に取り付けピンを戻せば、基本的は完成です。
  赤矢印部分、ここには菊ワッシャー(菊座がね?)を挿入して下さい。
  手持ちがありませんでしたので写真には写ってませんが
  ワッシャーが無いと締まりが悪く確実な固定が出来ません。
    L字金具は、金鋸で適当な長さに切断しました。
b0171364_144947.jpg
もう一つ問題があります。
咥えたパイプの反対側、何か適当なモノを接着しないとパイプの固定が難しいかも。
  
取りあえずの改造ですが、もしこのクランプをお持ちでしたら
簡単な改造で利用できると思います。

追記:更に進化しました!
AとBの金具は建築金具としてポピュラーなものです。
必ず大きなホームセンターには置いてあると思います。
30x45x10mmサイズ。Aの金具には3/8インチのネジ穴が切ってありますので
もう一息大きな径にドリルで穴を拡げます。
ついでなのでAとBの間にはスプリングを入れましょう!
そうすればパイプを咥えやすくなります。
  私は手持ちのピアノ線でスプリングを自作しました。w
b0171364_182487.jpg

by shindo1954 | 2014-03-27 14:54 | 機材 | Trackback | Comments(5)
2014/03/25 スタンドをコンパクトに:その3
3/24の記事で紹介した方法で、一つ問題が生じました。
どんな問題かと言えば・・・ディフューザーが水平に近い状態ならば
つまり、ストロボが上空にセットする場合には問題ないのですが
ディフューザーを垂直付近にセットする場合、ディフューザーとストロボとの距離が
先日の中華ア−ムですと長さが短く確保しにくいと言う問題です。
  延長をすることも可能ですが強度的にビミョー。
そこで対策を練ったのが下です。
b0171364_16254025.jpg
クリップオンが取り付けられているパイプは直径8mmのステンレス製。
65cmの長さで、最も負荷が掛かる両端を使用した状態で約1Kg程度の荷重に耐えそうです。
パイプ径を太くすれば耐荷重は更に上がるでしょう。
b0171364_16255055.jpg
如何なる角度でも十分な距離を確保できました。
US製のクランプのお陰ですね。
  このクランプが既に製造中止されているらしいことは誠に残念!!w
自作アルミブロック加工の優れものは今回はバッチリ!活躍です。
どちらにしましても、クリップオンならではのセットですね。
b0171364_1626352.jpg
b0171364_16261198.jpg
が・・・
問題が無い訳ではありません。
今はなき製品使用例を今更報告されてもねえ・・・と言う点が一つ。
更に、何だか大がかりになってない?? と言う点でしょうか・・・www

これなら大人しくスタンド2本でもいいんじゃね?? という声も聞こえてきそう。w
  でもね、スタンド1本廃しただけで重量は約1Kgの軽量化。
  撮影時のスペースも大いに節約可能です。
  意味はあるのよね!! イヤイヤ絶対に悪くないあるよ!w
by shindo1954 | 2014-03-25 16:35 | 機材 | Trackback | Comments(4)
2014/03/23 スタンドをコンパクトに:その2
前回に引き続き、1本のスタンドでフラッグフレームとクリップオンストロボを
スマートにセットしようという話。
今回は高価なパーツを使用せずに何とかクリアできたか?
殆どのパーツは安価にネットで購入できる!
また、センチュリースタンドを使用することなくセットを組めたことも大きな収穫!!
b0171364_1393275.jpg
b0171364_1394593.jpg
上:フラッグフレームを保持した部分。自由雲台は強度があるモノが望ましい。
ここでは手持ちのモノを使用したが、もう一息か・・・
自由雲台の先端に取り付けられたアルミパーツ。
実は・・・これがキモ。
ハンズでアルミ材を購入し穴開けタッピングした。
  ハンズで注文すればこの穴開けやタッピングも行ってくれるだろう。
b0171364_1394084.jpg
右上、中国製アームにTAKEのアンブレラホルダーを装着したが
素直にそのままクリップオンを取り付けるも有り!
  何とか固定できるけど・・・耐荷重的には、アンブレラホルダーを外した方が吉。
  この辺りが限界値か?

前回のモノよりも軽量化と小型化が進み使いやすいかも!


追記:自由雲台を取り去ることに成功!更に軽量化!!
  四角いアルミの板は1/4インチでタッピングしてあります。
b0171364_142225.jpg


追記:2 今でも売られているのでしょうか?
  昔、USで購入したモノですが、スタジオショップでも売られていたか?
  ネットで検索すると出てくるのか?(商品名が不明・・・)
  このクランプ一つでパーフェクト!
  長い間使用していなかったので所有していたことすら忘れていました。(涙
b0171364_1636292.jpg
この美しいアルミクランプ、何と2個も発掘!
ネットで検索してみたが見あたらず・・・
Avengerのグリップヘッドでも上手く行くか?(チョット重そうだけど)
b0171364_18212796.jpg
左上:アヴェンジャー、グリップヘッド(付きクランプ?)935g!!
右上:名称不明クランプ。今回の優れもの。300g!!!この差は大きいよね。
  名称をご存じの方、お教え下さい。
  今でも売っているサイトがあるならば、そちらもよろしくお願いいたします。

追記:3 小型中華クランプ+自作ホルダー 200g!!
  矢張りこちらの方が良いかも!w
by shindo1954 | 2014-03-23 13:19 | 機材 | Trackback | Comments(1)
2014/03/21 スタンドをコンパクトに・・・
フラッグフレームを使用しての物撮り時
どうしてもスタンドが2本必要になりますよね?
十分なスペースがあれば問題無いのですが、狭いスペースの場合には死活問題。
またフレームと光源を同時に移動できますので、撮影も楽になります。
そこで考えたのが下のようなセッティング。
b0171364_14454047.jpg
センチュリーを使うのは違反!
そんな声も聞こえますが、そこはお許しを。w
スーパークランプ+マシューズのクネクネアーム+TAKEのアンブレラホルダーで
無事にクリップオンストロボを固定可能でした。
  クネクネアーム・・・何年も持っていたのですが登場機会が殆ど無く
  テーブルの照明に使っていました。w
  尚、このクネクネアーム新藤式LEDライト程度の重量まで保持可能です。
センチュリーではなく普通のスタンドでも試みましたが
意外に手強いですね。
b0171364_14454716.jpg
b0171364_1564125.jpg
上がクネクネアーム。
お値段が高いことも問題だけど・・・
by shindo1954 | 2014-03-21 14:54 | 機材 | Trackback | Comments(2)
2013/09/12 vivoさんのフラッグフレーム3型!
vivoさんが昨夜、新作の3型フラッグフレームを見せてくれました。
サイズは98x180CM フォトフレックスのディフューザーにピッタリのサイズです。
重量がフレーム+支持棒で550g
ディフューザーが150g、合わせて700g!!という驚きの軽さ。
  材質はアルミ、カーボンパイプです。
b0171364_859062.jpg
b0171364_8592091.jpg
支持棒を端に取り付けることで
自立します。

価格は現在未定。(リーズナブルな価格になると思います)
尚、その気になれば特注で2x2m程度までの製作が可能のようです。
vivoさんまでお問い合わせ下さい。
by shindo1954 | 2013-09-12 09:03 | 機材 | Trackback | Comments(9)
2012/09/05 続:フラッグフレーム製作講座
b0171364_14232249.jpg
先週の製作講座で完成した分解可能型フラッグフレームです。
今回出来上がったものは、何と300gを切る軽さ!296g程度と超軽量に仕上がりました。
15本のフレームを10人がかりで手分けをして作りましたが
午後一時にスタートして出来上がったのは午後7時辺りだったか?
想像以上に時間が掛かってしまいました。w

追記:話題は変わりますがアクセス解析に見るOS分布図。XPが大分下がってきましたね。
スマホが大分増えていることも注目。
この1週間の平均値でした。
b0171364_1443255.png

by shindo1954 | 2012-09-05 14:27 | 機材 | Trackback | Comments(2)