写真家 新藤修一のブログ
by shindo1954
品川区西五反田5-31-6
有限会社 新藤事務所
shuichi shindo

■メールはこちらまで
shindo1954@gmail.com

Facebook
Twitter@shindo1954
新藤修一のProfile
白ヒゲ写真教室

新藤修一の仕事場
月例展@白ヒゲ
検索
最新のコメント
ですね!
by shindo1954 at 20:21
個数もありますから、端子..
by Ara-tec at 19:35
みんなで小分けにする作戦..
by shindo1954 at 18:52
160Wh以下なら持ち込..
by Ara-tec at 17:54
https://poya..
by Ara-tec at 16:38
調べてみましたが、多分大..
by shindo1954 at 16:13
バッテリー大丈夫ですか?..
by Ara-tec at 16:03
本郷さん、ありがとうござ..
by shindo1954 at 11:27
気になさらずに記事アップ..
by 本郷です at 11:13
(*´Д`)
by hon-dsshi at 14:32
そういう意味でもクイック..
by shindo1954 at 10:38
カメラにはアルカスイスブ..
by SHINYA at 10:30
pokoさん、ありがとう..
by shindo1954 at 10:04
SHINYAさん、クイッ..
by shindo1954 at 10:03
マウントアタッチメント部..
by poko at 09:40
クイックシューがないのが..
by SHINYA at 08:18
pokoさん、いつの間に..
by shindo1954 at 22:11
確かに大振りなところがイ..
by poko at 19:20
連投失礼します。 ..
by K.304 at 09:59
K.304さん、モーツア..
by shindo1954 at 01:12
ファン
タグ
(234)
(198)
(159)
(139)
(113)
(106)
(78)
(71)
(64)
(61)
(52)
(44)
(43)
(41)
(35)
(34)
(31)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(17)
(17)
(17)
(17)
(17)
(17)
(16)
(16)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
カテゴリ
フォロー中のブログ
ST-M2 Blog
今夜もeat it
ichibey日々の記録
*ムスカリのしっぽ*
はんちゃん半田勇二
海辺でふらふら
from our Dia...
七匹目のどじょう
遊牧民的人生 (アラビア...
ダイエットの記録(40か...
たも。の写真日記
こべっとの寄り道
ラジオフライヤー
Roc写真箱
びーぐるな日々
写好人 Passage
猿画堂撮影機材室 (旧室)
studio-xiao ...
伊藤計一のブログ
気ままな写真日記
PhotoLife 哲や...
写真が好き!!(お散歩カメラ)
day by day
まいにち恋をしよう。
f.11プロジェクト
shim's
Photo blog o...
自然万華鏡 Blog v...
*情熱大陸*ブラジルの写...
画処理istの密談室 b...
エクランの撮影日記
お茶の水調理研究所
お散歩写真 横浜
「ちょこっとピンボケ?」
botta's blog
フォトグラファー故島永幸...
のんびりと動物園散歩
私生活について。
日々の写真
にっちもオッティモ
写真で日記
ITOCOLOR @ Blog
Let's go rec...
Tokyo/Naha C...
風景って「風の景」by ...
ほとんどデジタルフォト日記
迂路有漏胡乱 urour...
the way i am
moderate flow
鱒や Photo Dia...
琥珀停
39medaka
Capu-photo D...
気まぐれ日記
No trimming ...
ある日ある時 拡大版
Photoshop Ar...
彷徨写真生活Part2
ねぎまのおもちゃ箱
川越さんぽ写真研究所
日々!
徒然なるままに
新・月例展@BEN
Ktn photo
おらひ日記帳2
軽井沢1263
ハルの写真通信
Lightcrew Di...
Keiichi ITO ...
外部リンク
最新のトラックバック
Feedly拾い読みWa..
from Coolに過ごそう
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
LEDテープライトを使っ..
from ミクロ・マクロ・時々風景
あふれている
from ミクロ・マクロ・時々風景
New camera
from Anything Story
CLS+FP発光
from 七匹目のどじょう
FV-L うれし~
from 七匹目のどじょう
カラスビシャク
from KINOKO WEB
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
by shindo1954 | 2018-04-22 00:27 | 機材 | Trackback | Comments(0)
2018/04/21 本郷式フラッグフレーム:その2
え〜、本日・・・土曜日。
午後13時より不動前で本郷式の工作を開始します。
ネットでも随時公開予定ですが、参観ご希望の方はお越しください。

希望者は挙手してお越しください。
よろしくお願いいたします。

by shindo1954 | 2018-04-21 00:59 | 機材 | Trackback | Comments(0)
2018/04/20 2wer/本郷式フラッグフレーム
アジアでは、香港、韓国、台湾、インドネシアに撮影に出かけてますが・・・
来週は、初中国!北京に行ってきます。
さて、問題は機材・・・
どこまでを持っていくのか?しかもあちらは220V
取り敢えずEinstein640は90〜240VまでOKですので助かります。
が、それ以外のモノブロックは非対応。
先日入手したAD600Pro、AD200、Tokistar360wバッテリーストロボV850を4台・・・
トータル2120Ws まあ、何とかなるか?
次にどこに入れていくのか?
これがまた問題、以前購入したNeewerのバッグがやっと活躍?
Sさんからも一つ入手して2werに! 
大きなスタンドや長いものは入らないけど、これで何とか。
b0171364_10225431.jpg
さて、次の話題は、本郷式フラッグフレーム。
b0171364_10225802.jpg
昨日初めて実物を触りましたが、実に良く出来ていました!
簡単に組み立て分解が可能で、とてもコンパクトになりサイズが可変式!
最大1.2x2.5m?くらいのサイズになるのです。
更にウエイト無しで自立可能・・・勿論天トレとして使えます。
早速私も本郷式を作ろうかと画策中。w 断面が四角の三脚を注文しました!www
  四段よりも三段のほうが良いかも?難しいところ・・・
追々、製作記事もアップしますね。(って本郷さんOKですか?)
  三脚を2個買えばフラッグフレームが3個作れる!!共同購入もありますね。

by shindo1954 | 2018-04-20 10:37 | 機材 | Trackback | Comments(9)
2018/04/18 リフレクター失敗作
Einstein640用に購入したニトリの直径16cmのステンレスボール。
ダイソーのステンレスボール(新藤式LEDとDB-800で快調に使用中)
よりも肉厚で底に穴を開けるだけでも結構大変。
何とか無事に開けてEinstein640に取り付けてテスト!

さて、その結果は恐ろしいほどのスポット光・・・
これでは使えません。
今まで使用していたコメットのリフレクターに戻すとナチュラルな光!w
少しでもコンパクト化を図ろうとしたのですが・・・完全な失敗!!
開口部のカーブに一抹の不安を感じつつ加工しましたが、この穴開きのボール、どうしましょう・・・
b0171364_13501621.jpg
Amazonでアルミニウム製のボールを検索すると
直径15cmのボールが幾つか出てきた。
加工はしやすそうだし放熱も良好? 
かっぱ橋に行ってみるか??

by shindo1954 | 2018-04-18 13:58 | 機材 | Trackback | Comments(1)
2018/04/15 優れものの雲台、Velbon PH-G40V
ベルボン PH-G40V、この雲台は2017/04/24でも紹介しているのですが
元ご近所カメラマンのN氏が、金曜日に現れて・・・
神田のカメラ屋で2500円だったので買ってきちゃいました!と。
ついに二個目を入手です。
b0171364_18405836.jpg
詳細は前回の記事に書いていますのでクドクドとは書きませんが
ホントお勧めです。
小型軽量、締まりよし!使い勝手が宜しく無駄に使いにくいクイックシューが付いていない!!
b0171364_18405155.jpg
4x5の様な大型カメラ全盛の時代には、イマイチ役不足感は免れませんが
35mmフルサイズのデジカメでしたら正にピッタリ!
このような優れた雲台が今やディスコンであることは非常に残念ですが
まあ、時の流れなのでしょうね。
雲台を単体で販売したことは無かったらしいので、流通量が少ない!
見つけたらゲットでしょう〜〜。

by shindo1954 | 2018-04-15 18:53 | 機材 | Trackback | Comments(4)
2018/04/11 アンブレラホルダー、大きいけど使いやすい!
数年前から所有していて何故か殆ど使用していなかったもの・・・
多くの方が既にご存知とは思いますが、このアンブレラホルダーです。
Sブラケットと呼ばれているらしいです。
b0171364_00140571.jpg
GodoxやNEEWERから売られていますよね。

で、何が優れていて、何処に問題があるのか?

クリップオンストロボを確実にセット可能。
ボーエンズマウントなので各種リフレクターやソフトライトボックスが使用可能。
ツバの部分が遮光という点で思ったよりも効果がある。
マウント部がプラ製ですが結構シッカリとしていてジャンボアンブレラでも問題なし。
コスパが高い。(ソフトボックスと同時購入がお勧め)

問題点・・・若干大ぶり。
ヘッドを固定する部分が、もう少し大きく開くと良いのに。
もう一つ、ヘッドの止めネジが長すぎ。
b0171364_00245681.jpg
少なくともAD200をお使いならば、絶対かも!ベアバルブで使用すると快適です。
  アンブレラのシャフトを短くしたくなりますね!!
他のクリップオンとの組み合わせでも相当お勧めです。
ソフトライトボックスとの組み合わせならこれかな?

追記:上のスタンドはスリック小型カーボン三脚。
そのままでは高さが不足する場合があるのでセンターポールのみパーツで注文。
3m近くの高さまで確保です!!
一時アルミ製に変えてみましたが強度が不足。結局カーボンに戻りました。

by shindo1954 | 2018-04-11 00:36 | 機材 | Trackback | Comments(8)
2018/04/09 ライティングの考察:その3
お待たせしました。その3です。
今回は、一灯だけでは難しい時の対応についてです。
お嬢様(ソフィちゃんと名付けました)は首をかしげすぎなので補正をしてスタート。w

先ずは、斜め左に一灯。
V850を1/8出力。α9+2470ズーム 1/125 F5.6  ISO200
b0171364_12541340.jpg
それをアップしてみたのが下。
右手のレフはありませんので、右側はある意味心地よく落ちています。w
また、外光は遮断した状態です。
b0171364_12561630.jpg
次に、4m天井の蛍光灯を点灯した時が下。
所謂フィルライトを追加する・・・感じです。
あまり明るくない蛍光灯ですのでシャッタースピードは1/10秒になってしましましたが
普通はもうチョット速いシャッターが切れるでしょうし、ISO感度を上げれば問題ありません。
全体に明るくなっているはずですが、シャドー部に最も効果があり右側が明るくなります。
  デーライトシンクロで弱めに炊いてもシャドー部に同様がありますよね?
  それと同じことです。
また、蛍光灯の代わりに天バンを一灯入れればこれと同様な効果があります。
次に正面気味にストロボを傘バンで一灯追加した場合
b0171364_13053781.jpg
追加した傘バンの出力は1/16
右側が適度に明るくなっています。
b0171364_13072493.jpg
追加した傘バンの出力を1/8にセット。更に明るくなりました。
次に遮光を外して右手の窓からの自然光を利用した場合です。
1/125 F5.6のままですが右側が大分明るくなりました。
が、右側の光(外光)のほうが色温度が高いようです。
b0171364_13110286.jpg
シャッタースピードを1/60に下げ外光を更に取り入れた場合。
現像時に色温度の部分補正が必要かもしれませんが、雰囲気が良ければこのままでもOK?
Photoshopで全体の色味を調節し右側の色調を部分補正したものが下。
とは言え、多数のデータ全ての補正をすることはとても手間がかかります。
ウチでは、ザックリと補性をした1000ピクセル程度のデータを一旦納品しセレクトしてもらい
入稿用の再調整した大きなデータをもう一度送ります。
b0171364_13204962.jpg

by shindo1954 | 2018-04-09 13:29 | 機材 | Trackback | Comments(0)
2018/04/06 FilmicProがカラーメーターに!
FilmicProとはiPhone用の有料動画撮影アプリ。
私も愛用していて超高機能なうえに
その機能の中でホワイトバランスを設定する機能があるのです。
今まで気づきませんでしたが、それを利用するとカラーメーターとして使用できるようです。
b0171364_10452181.jpg
上は今朝の自室。(例によって緑っぽく写ってますね)
b0171364_10462158.jpg
反射光での測定になりますので、グレーカードや信じられるホワイトボードに向けて
測定することが重要となりますが、ミノルタのカラーメーターと比較してもまあまあの値が出ていました。
フラッシュ光の測定は不可能ですが、それなりに使用できると思います。
測定値の数字が小さくて老眼の私には少々見にくいことは残念ですけど・・・


by shindo1954 | 2018-04-06 10:50 | 機材 | Trackback | Comments(0)
2018/04/05 ライティングの考察:その2
先程の続編です。
が、私のつまらぬ顔がゾロゾロ並ぶのはアレなのでお嬢様の登場です。w
背景までの距離は1m、右手のレフ板まで1m、ライトまでも1m程度
b0171364_15035201.jpg
1:ダイレクト
b0171364_15051999.jpg
2:アンブレラ
b0171364_15055136.jpg
3:150cm 銀パラ
b0171364_15061256.jpg
4:150cm 白
b0171364_15070751.jpg
5:ソフトライトBOX
b0171364_15074512.jpg
6:壁バン
b0171364_15080580.jpg
7:天バン
b0171364_15082739.jpg
8:180cm トランスルーセント
b0171364_15090822.jpg
9:オパライト
b0171364_15382620.jpg
今回はトラスルーセントとオパライトも加わりましたが、如何だったでしょうか?

壁バンと天バンですが、顔が斜めなためにどちらもサイド光的な写りになってしまったことは残念。

ダイレクト、バウンス、それ以外と大きく分けられそうですが
それ以外のグループが思ったほどの差が出ていない?
背景の明るさが、それぞれビミョーに異なることに要注意。

9枚の中ではこのアンブレラ、ソフトライトBOXとトランスルーセントそしてオパライトが私の好み!
ですが、ですが・・・実はチョットしたアンブレラの位置や距離、そしてレフ板の位置やサイズで
雰囲気は大きく変わります。
むしろ、そちらのほうが要素としては遥かに大きいかもしれません。

by shindo1954 | 2018-04-05 15:40 | 機材 | Trackback | Comments(0)
2018/04/03 NEEWER 60x60cm ソフトボックス Sタイプ
ソフトボックスと言えば・・・不動の地位は写真電機工業のソフトライトBOX
私もお世話になっていて大小合わせて4本くらい所有している。
セッティングと撤収の素早さは圧倒的、他を寄せ付けない!

そんな私が何故NEEWERのソフトボックスに浮気したのか?
一つはコストの問題。
もう一つは、ストロボを含めた取り付け部分の問題。
  かなりシッカリとした作りで、撮影中の移動時にも安心感がありそうだったから。
そしてシステマティックである点。
ここに載せた写真では見えていないが、前面の発光部が多少引っ込んでいるので
ハレも入りにくい構造になっている点も嬉しい。

下は、AD200にマウントを取り付けた姿。
先端部はボーエンズマウントも装備されていて、他のリフレクターも装着可能。
勿論、殆どのクリップオンストロボが使用可能だ。
撮影途中で考えが変わり、ジャンボアンブレラを取り付けることも可能だ。w
b0171364_12111189.jpg
更にソフトボックスを取り付けた姿が下。
b0171364_11481755.jpg
で、このソフトボックスで撮影した写真が下。
  リモコンでα9をレリーズさせてみた。(左手にリモコン)
右手にレフ板もなく、一灯のみでの照明なので右手はかなり締まっているが
  アメリカンなテイストとも言う。w 
  私は好きなのだが、日本人の多くは好まないらしい??
このままでもOKだけど、必要に応じてレフ板か天バン或いは傘バンを一灯追加すればOKだろう。
b0171364_11480874.jpg
さて、このソフトボックス60cm角と書かれているが実測は52〜55cm角。
だが、傘よりも効率が良いし良く考えられている。
このタイプを始めて見たのは10年近く前だったか? 
今や相当数のプロが持っているのではなかろうか?
コスパの高さは圧倒的だし・・・w

取り付け部分だけを購入してもそれなりの金額であることを考えると
セットで購入したほうが圧倒的にお買い得。一つ持っておくと便利だと思う。

追記:もう一回り大きいものが欲しい方はこちら。

by shindo1954 | 2018-04-03 12:25 | 機材 | Trackback | Comments(0)